家 地震対策 大事

家の中の地震対策が大事

家の中の地震対策をしておく事で、見落としがないようにしておきましょう。

もし地震が起こったならば家族の安全が一番大切になります。特に阪神・淡路大震災では家の倒壊で位の地を失ってしまったという人が沢山いるそうですから、家が倒壊してしまわないという事がまず大切になります。

そのため、専門家の方に耐震診断をしてもらったり、家の柱や土台などを、きちんと金具で補強をする事によって、家の安全対策もしておいた方が良いのです。また、地震の時に家具などが倒れた場合、地震で起きた家具は外へ逃げる時には邪魔になってしまったり、逃げ遅れたりして、大きな被害を受けてしまう事もあるでしょう。

こうした事態になってしまう原因として考えられるものは、家具の上に物を置いていたり、家具を金具で固定していなかったりといった事が考えられますので、危ないところがあれば、その安全対策をとっておいた方が良いでしょう。特に寝室や子供、お年寄りの部屋に家具を沢山置いてしまっていないか、危ない感じがしている場所はないかといった点をしっかりと確認するようにします。

また、電灯や絵が入った額、吊っている棚の物が落ちて来ないかといった事をきちんとチェックしておくようにしましょう。