家庭 防災対策

家庭でもできる防災対策

どのような地震がやってこようとも、やはり一番大切になってくるのは家庭での防災対策になるでしょう。

家庭で防災対策をしておけば、万が一という時であっても被害を防ぐ事ができます。日頃では家では家族で地震が起きた時は、果たしてどのようにするのかといった事についてなどの、防災対策の事を考え、そして話し合っておくようにしましょう。

そして、地震がおきた時のために、最低限の水と食料がある事が必要になります。何故こうした最低限の食料があった方が良いのかと言いますと、地震災害が起きてしまう事によって、道路や線路などが壊れてしまって、大きな障害が発生して、トラックや電車など、復旧までに数日間動かない事があるのです。

これは例え、甚大な被害を受けていない地域であったとしても、食料が届かないという事は確かにあるのです。家庭では最低でも3日は問題なく食べていける程度の食糧、そして水を用意しておけば安心でしょう。3日もあれば救援物資も届きますし、水、給水車などが出動してきますので、3日分は用意しておくと、もし大きな被害を受けた場合でも何とかなるでしょう。
地震が起きてからですと慌てて準備する事になりますので、こうした事のないような防災対策をしておく必要があります。