家具 身を守る

家具から身を守るために

地震の時に家具が倒れないようにする事は非常に重要になってくる事柄です。

地震における負傷原因の調査によれば、避難をするときに倒れた家具などにつまづいて転倒してしまったり、家具が倒れた時に割れてしまった食器、ガラスなどで怪我をしてしまうなど、多くの人は家具の転倒や落下を原因とした怪我をしてしまっていると言われています。

そして実際に家具の転倒対策をしている人は少ないと言われており、中にはそのやり方もわからないという人もいるのだそうで、いつ地震が来るか分からないような状況では早急に家具の転倒対策をする必要があります。

家具の転倒や落下の防止対策は、地震の時の負傷防止対策として重要なものとなります。

家具の転倒防止器具は色々と販売されています。L型金具は、家具と壁を直接ねじで固定してしまうと言うもの。またベルトやチェーンで固定されているタイプなどもあります。

つっぱり棒タイプはねじ止めはしないのでマンション向けのものとなっており、これは家具と天井の隙間に設置するタイプのものです。

粘着マットと呼ばれるものも販売されており、これは粘着する事ができるゲル状のマットを家具の底、そして底面に接着する事によって、転倒を防止する事ができる器具になります。

こうしたものを使って地震が来ても家具が倒れないようにしたいものですね。

【オススメPR】
家具や大きな物から身を守るために、家具を倒れないようにするのって重要です。

そもそも家具や大きな物(福山 エレクトーン処分など)は倒れないようにするより、早めに処分した方がより地震対策になるかもしれませんね。

オススメサイト一覧