嘘 情報 注意

嘘の情報に惑わされないように注意

地震が発生した後、まだその混乱が収まりきらない時ですが、こうした時はいつも嘘の情報が問題になっていると言われています。
避難場所などではラジオ、そしてテレビの情報や、信頼する事ができる警察官や、役所の方などの流してくれる情報を頼りにするようにしましょう。

またそれ以外の人から聞いた話、噂話などについては聞きながすようにしたいものです。人づてに回ってきた嘘の情報を信じてしまって、それに惑わされて更なる混乱に陥ってしまうと言う事も少なくないのだと言います。

また、地震の後ですから、とにかくパニックになりやすいと言います。地震の後で、被災をしてしまった事によって、身も心も動揺していると言ってよいでしょう。自分だけがそうではなくて、周りの人も皆そうなってしまっています。自分勝手な行動、そして発言は控えるようにします。これがトラブルになってしまう可能性もあるのです。

また、こうした時にインターネットを中心にしてチェーンメールなどが回る事があります。
チェーンメールはいたずらに恐怖感、そして不安感を抱かせるものですので、チェーンメールの情報は一切無視して、それ以上メールが回ってしまわないようにしたいものです。